So-net無料ブログ作成

ダイエットと和食

最近モデルさんや女優さんの間で和食がブームです。
それも、昭和の時代の質素な和食です。
ごはんを中心とした伝統的な和食です。
昭和30年代と比べると、お米の消費は半分に減っているようです。
欧米の食事が日本に急速に入ってきました。
そして、共働きの家庭が増えたのも、ごはんの量が減った原因です。
朝は、パン食のほうが、働く人にとっては簡単ですね。
ごはん、お味噌汁、漬物、副食、お茶、このような食事は、カロリーが多すぎず自然にバランスが摂れるんです。
献立も、あまり深く考えなくていいんです。
ごはんとお味噌汁が基本。
副菜は2品。
季節の野菜を使った煮物(これからは、ごぼう、にんじん、さといも、白菜、だいこん)
緑黄色野菜を使った、おひたしや炒め物(ホウレンソウ、小松菜、ブロッコリー)
メインは焼き魚や、お肉料理など最後にプラスします。
お豆腐やあげを焼いたり、豆をゆでたり、大豆食品も体にとてもいいです。
洋食も美味しいのですが、どうしても脂肪分が多くなります。
飲み物も、ジュースや牛乳、カロリーが高いものを合いますね。
そして、食物繊維、ビタミンが不足します。
いつも洋食を食べていた方が、急に変えるのは難しいと思うので、週に2回から3回和食に変えてみましょうね。
切干大根やひじきを使うと、メニューの幅も広がります。
お味噌汁は、これからの季節大活躍です。
寒いときにぴったりの料理ですね。
素材を楽しむことで毎日の食事が楽しくなります。

nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。