So-net無料ブログ作成
検索選択

肺気腫について

肺気腫について調べました。

肺胞が破壊されて、ガス交換の機能を失い、呼吸困難を起こす慢性の病気です。
主に喫煙暦の長い中高年の男性に多く発病します。
男性は女性の3倍ほど発病率が高いのですが、喫煙する女性に限れば、発病率は喫煙しない女性より圧倒的に高くなっています。
なぜ、肺胞の壁が破壊されるのかは、まだわかっていません。
老化や喫煙も原因としてあげられていますが、それだけではなく、外的(大気汚染、病原菌の肺への反復感染など)、あるいは内的(遺伝、呼吸器感染症など)
さまざまな要因が複合しておこると考えられているのが一般的です。
発病しても、最初はあまり自覚症状がありませんが、病状が進行するに従って、労作時に息切れが起こってきます。
他の呼吸器系の病気と合併が起これば別ですが、肺気腫だけの段階では咳や痰はあまりないのが特徴のようです。
ほかの呼吸器系の病気と違い、治すための薬はありません。
病気を進行させない・症状をかるくするなどの療法が基本になります。
禁煙は必須のようです。
手湿疹の改善方法があれば誰か教えてください!
なかなか良くなりません。。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。